当院の矯正歯科

矯正歯科

小児矯正

成人矯正

マウスピース矯正

矯正症例

料金表

よくある質問


小児歯科

虫歯予防

よくある質問

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

*******************

矯正治療とは、悪い歯ならびをきれいにする歯科治療です。
むし歯をけずったり、冠をかぶせたりする一般の歯科治療とは少し違います。
矯正治療の場合は、悪い位置にある一本一本の歯をあごの骨の中で少しずつ動かして、正しい位置に綺麗に並べなおします。


また、あごの骨が出たり引っ込んだりしている場合には、あごを良い方向に動かしたりもします。
したがって、矯正治療を行なった場合には、元の自分の歯が正しい位置で綺麗に並び、自分の歯でしっかり物がかめる様になります。


Check 矯正治療はこのような場合に必要です。

□ 歯並びが不揃いである
□ 歯と歯の間に隙間がある
□ 奥歯でしっかり噛んでも前歯が噛みあわない
□ 上下のあご(歯)が横にずれている
□ 歯がねじれている
□ 出歯や受け口

など

*******************

1.虫歯や歯槽膿漏になりやすい。
歯ブラシの毛先が届かず、磨き残しが出てしまいます。


2.食べ物を良く咬めない。
物をしっかり噛み砕けないと胃腸に負担がかかります。


3.発音が悪くなる。
歯並びの状態によって、発音しづらいことがあります。


4.口元にコンプレックス。
知らず知らずのうちに手で口元を隠してしまいます。


5.顎関節症になりやすい。
顎関節症の一因となることがあります。


6.顎の成長、顔かたちにも影響する。
特に成長期に起こることがあります。

子供から始める矯正治療

出っ歯、受け口など顎のレベルでずれている場合に、これから成長していくであろう成長力を利用して治療します。
ですから、成長がある程度終わってしまう中学生では遅すぎます。
また、歯のレベルでは、これから成長していくにつれて悪さをしそうな場合、早い時期に歯を正しい位置に移動させることもします。
家を作る際の土台作りをする時期だと思ってください。
しっかりした土台があって、はじめてしっかりした家が建てられるのです。

大人の矯正治療

大人の歯がある程度生え揃ってから、ブラケットという装置を使って、現在の顎の状態で最も適した位置へ個々の歯を並べていきます。
顎のズレがあまりにも大きければ外科手術を併用することもあります。
ブラケットにも金属のもの、透明で目立たないもの、裏からのものなどたくさんの種類があります。


当医院では矯正装置も透明で目立たないものを使用しております。
個々の状態によって治療の開始時期は違ってきます。
特に子供ではできるだけ早めに治療を開始しなければならない場合もあれば、大人の歯が生え揃ってから、一気に治した方が良い場合もあります。
心配な方は一度相談を受けられることをお勧めします。