当院の小児歯科

矯正歯科

小児矯正

成人矯正

マウスピース矯正

矯正症例

料金表

よくある質問


小児歯科

虫歯予防

よくある質問

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

小児歯科とは?

子供は小さな大人ではありません。


『 歯の治療なんて、大人と一緒!』と思っている方がたくさんいらっしゃいますが、ぜんぜん違います。
乳歯は 『 いずれ抜けて永久歯になるから虫歯になっても大丈夫!』 と思っている保護者の方々・・・


乳歯の虫歯は、

『永久歯の歯並び』
『永久歯に虫歯ができやすい』
『顎の発達不全』
『身体の発育不全』
『構音・発音の障害』
『永久歯の形成不全』

… など、お子様の成長や発育に多大なる影響を及ぼします。


また、脳科学の観点からも、脳の発育と物を咬む 『 咀嚼( そしゃく ) 』との関係が重要視されています。


そこで当院では、お子様の年齢・発達を十分に考慮し、治療を受けるお子様だけでなく、保護者の方々が日常生活を円滑に営めるようにサポートしていきます。


お子様の歯は3歳で20本の乳歯が生え揃い、小学校入学位になると今生えている乳歯の奥に"6歳臼歯"という初めての永久歯が生えます。6歳臼歯は噛み合わせの中心となる歯で、噛む力が強い為、非常に重要な存在です。


6歳臼歯の奥歯は溝が多く、ブラッシングが十分に出来ない為、歯垢などが たまってむし歯になりやすいので、シーラントをこの溝の部分に塗布してあげることで、むし歯になりにくい歯にします。


この溝を埋めるのをフィッシャーシーラントと言います。

歯科医師・歯科衛生士の目線・立場から、お子さんの成長をサポートすることも重要な役割なのです。
また、お子さんへのブラッシング指導や癖の改善提案なども行います。